占いより予報のほうが気分は変わる。

ひと桁だと気分が凹み、
ふた桁だとちょっと嬉しい。
気温の話です。

冬の朝は、起きたらまず、
スマホを取りだして
気温を見てしまいます。

ひと桁だとちょっとブルーな気分で、
ふた桁だとちょっといい気分。

最高気温が9°
最高気温が10°
たった1°のちがいでも
その日の気分はやっぱり変わる。

「3、4月並みの陽気です」という
ハッピーワードが飛び出した日には
星座占いの1位よりテンションが上がる。

ぼくにとってこの時期の気温の予報は、
占いよりその日の気分を左右します。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバック URL : http://okakin.jp/blog/wp/wp-trackback.php?p=3647