うでぐみ

恋人の腕を組むのではなく、
じぶんひとりでやるあれです。
ぼくも癖でよくやります。

しんりがくてきには
ストレスや不安から
じぶんを守ろうしているとか、
相手を拒否しているとか、
そういう意味もあるらしいのですね。

一見ちょっと他人を威嚇しているようでもあり、
あまりいい印象をもたれないこのポーズ。
しかしそれを定番のポーズとして
世に認めさせてしまった人たちがいます。
ラーメン屋さんです。

接客業とはおよそ相容れないこの腕組みの姿勢。
ふつうのサービス業でやっていたら
まず叱られると思います。
しかしラーメン屋さんのそれは、
「頑固、こだわり、職人」といった
別の価値になりました。

それにしても、日本人は
なんでこんなにラーメンが
好きなのでしょう。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバック URL : http://okakin.jp/blog/wp/wp-trackback.php?p=1947