男と書くか、漢と書くか。

文字と接していると、
ときどき漢字のおもしろさに
時間を奪われたりします。

たとえば、虫に文をくっつけると、「蚊」となりますが。
これはブーンと音がするから、虫に文なのかなあ、とか
楽になる草と書いて「薬」。薬の起源は草なのかなあ、とか
「歩く」という字は、少し止まると書く。それって、歩いてないじゃん、とか
安い眠りと書いて「安眠」。ぐっすり眠るという意味と
逆のような気もするなあ。あ、安らかな眠りか、とか
「押す」は、手の甲と書く。なるほどなあ、とか
水に古い月と書いて「湖」。風情のある絵が浮かぶなあとか。

漢字から得た疑問や空想の真相を辞書やネットで調べ、
その正否や成り立ちを確認したりなんかして。
ゲームやら携帯やら時間をつぶすものはたくさんあるけれど
たまには、漢字とにらめっこするのもおもしろい、と思います。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバック URL : http://okakin.jp/blog/wp/wp-trackback.php?p=1894