カップラーメン的進化論

カップラーメンの進化とは不便になることだ、
と思うことがあります。

増えつづけるかやくや調味料の袋。
先に入れてください。
後に入れてください。
食べる直前に入れてください。
フタの上で温めてください。
非常に辛いので入れすぎに注意してください。

インスタントラーメンが、
どんどんインスタントじゃなくなっている。
究極の便利を求めて生まれ、
そこからアナログに戻っていくのが
カップラーメンの歴史なのか。

変化しつづけることこそ進化なのだ、
というのであれば、
手間が増え、一見退化に見える
この現象も、りっぱな進化なのですね。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバック URL : http://okakin.jp/blog/wp/wp-trackback.php?p=1834