ぞうきん真っ黒コンテストと山ちゃん

給食を食べない日はあっても、
そうじをしない日はない。
小学生にとってそうじは大事だ。
とくにぞうきんがけは大事だ。
なぜなら、中学以降
ぞうきんがけはなくなるからだ。

私はぞうきんがけが得意だった。
スピードは、だれよりも速かった。
キィーーーン
気分は完全にアラレちゃん。

小学校で一度だけ開かれた
「ぞうきん真っ黒コンテスト」。
さっきまでタオルだったぞうきんを
時間内でどれだけ黒くできるか競い合う。

私はいつものように
猛スピードでぞうきんがけをする。
教室を5往復くらいして
ぞうきんを見てみるが、
それほど黒くなってはいけない。
意外とタイヘンだなぁと思い横を見ると、

山ちゃんがマジックでぞうきんを塗りつぶしていた。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバック URL : http://okakin.jp/blog/wp/wp-trackback.php?p=1287