基本を磨いた方がうまくなる。

暮れの話になります。
忘年会で披露するために「恋ダンス」の練習を
人も寝静まった夜中に懸命に行っていました。

で、その練習中にひとつ気づいたことがあります。
それは、基本的な動作を覚えてからアレンジは始まる、
ということ。
いきなりアレンジをいれてカッコよく踊ろうとしてはダメ。
型の崩れた見るに堪えないダンスになってしまう。
まずは、基本です。基本の踊りを体で覚えていれば
余裕が生まれ、振付を変える余裕も生まれる。
アレンジのベースに基本の形が残っていれば、
踊りの調子を変えても、キレイに見えるのだ。

これは、なにもダンスに限ったことではなく、
いろんなことに当てはまることだと思います。
まずはしっかりと基本を身につける。
わかっていたことだけど、
体で感じたことでもっとわかりました。

今年は、まずは、確固たる基本を築いていきたい。