できないことがあるから、しあわせだと思う。

クリックができないってことは、
ワンクリック詐欺にあわないってこと。

車が運転できないってことは、
交通事故を起こさないってこと。

料理ができないってことは、
料理を作ってもらえるってこと。

振込みができないってことは、
振り込め詐欺にあわないってこと。

スラムダンクができないってことは、
着地するとき足をひねったりしないってこと。

カキが食べれないってことは、
カキにあたらないってこと。

お酒が飲めないってことは、
お酒で失敗しないってこと。

オーバーヘッドキックができないってことは、
着地するとき腰を打ったりしないってこと。

電話ができないってことは、
オレオレ詐欺にあわないってこと。

カードで買い物ができないってことは、
ローンに追われたりしないってこと。

スノーボードができないってことは、
スベらないってこと。

乗客の数は、学校の全校生徒の数より多い。

電車一両の定員は約150名くらいだそうです。
十両編成の電車なら1500名。
これはそこいらにある高校の全校生徒が
一度に乗れてしまうくらいの収容人数です。
建物の体積でいったら、電車のほうがはるかに小さいのに。

だから、電車が移動するということは、
全校生徒がまるごと移動するようなものとも言えなくもなく、
朝は3分に一本とかのペースで移動しているわけですから、
それはそれは膨大な数が乗り降りしてることになります。
そりゃあ、乗降者だけでも時間がかかるし、
そのせいで電車が少し遅れたりするのも仕方ない。

電車さん、1分くらい遅れただけで、
少しイラッとしてしまってすみません。